目的のない留学には意味が無い

自分自身が留学をした経験から言うと、日本人で留学をして失敗したケースのほとんどが確たる目的や理由なしに、単にその国で勉強したかったとかいう安易な気持ちで行っているということです。私も大学時代、短期ながらアメリカへ語学留学をしたことがありますが、そこに参加していた日本人は半分観光気分で参加しており、中には宿題はおろか予習復習もろくにやらずに授業に参加する学生もいました。
逆に年配の方や普段は船員として働いている方など、英語の能力をもっと伸ばしたい、という明確な理由で来られている方は非常に勤勉で、授業後も先生に質問をしたりと参加態度に大きな差がありました。そういう方は休みの日も非常にアクティブであちこちに観光にいったり、ショッピングを楽しんだりと滞在期間を目一杯楽しんでいるのを見ていると、たとえどんな留学であっても自分に明確な目的等が無い限り、自己研鑽など到底おぼつかないというの思い知りました。それは今でも自分の中での考えのベースになっています。